四国歩き遍路 51日目 結願は淡々と

更新2020年9月26日

 

50日目 | 52日目

 

これこれシルバー、略してこれシルのおじいです。

 

 

51日目の行程

さぬき温泉⇒第88番大窪寺ビジネス旅館八幡

 

さぬき温泉

営業時間前にレストランに入り朝食

ホテルの心遣いに感謝

f:id:koreshiru:20200925124606j:plain


朝食が終わるとすぐに出発

 

第88番大窪寺

まずは国道193号線に出る

朝が早いので、車はそんなに走っていない

 

これから混むのか

とにかくダンプカーを見ないので安心する

 

国道377号線との合流地点まで来た

先日も通った一本道だ

 

力石バス停付近でへんろ道に入る

f:id:koreshiru:20200925124637j:plain


大窪寺までは一本道

 

女体山を越えるコースを選択する遍路も多い

距離が短いし、山頂からの眺めは絶景だそうだ

 

しかし、山頂までは難所が続き、お寺へは裏から入ることになる

 

いま歩いているコースはちゃんと正門に着く

 

どちらが正式のコースかはそれで判断できる

 

f:id:koreshiru:20200925124858j:plain

お寺が近づいて来た
不思議と感情は高ぶらない

 

いつもと同じ

 

f:id:koreshiru:20200925125050j:plain

着いた、第88番大窪寺

遍路は皆、ここを目指して歩き続ける

 

f:id:koreshiru:20200925125217j:plain

大窪寺

境内は静かだ

感情を露にする遍路はいない

 

おじいを含めて、みんな淡々としている

いつものお寺の風景と少しも変わらない

 

こんなもんか

 

お礼参りにどのお寺に行くか、決まりはない

ほとんどのひとは第1番霊山寺に行く

 

もちろん異議はない

 

ここまで来たらあとは乗り物で、というひとも多いだろう

 

こちらは当然、歩き以外眼中にない

 

ビジネス旅館八幡

 

国道377号線を行く

ダンプカーしか見ないほど、よく通る

 

五明トンネルの手前で国道からへんろ道へ

やっとダンプカーの音から解放される

 

県道に合流しそのまま直進

この道はほとんど車が通らない

 

f:id:koreshiru:20200925200359j:plain

国道377号線とえらい違い

 

このまま第10番切幡寺を目指す

 

f:id:koreshiru:20200925200441j:plain

 

切幡寺から下った道に合流

なつかしい道

 

ここを安楽寺で同宿だったKさんと一緒に歩いた

Kさんをはじめ出会った遍路のみんなは無事結願できただろうか

 

輪廻転生

終わったと思ったら、また生き返った気分だ

 

この気分が味わえるから、お礼参りはやっぱり霊山寺がいい

 

f:id:koreshiru:20200925140732j:plain

おっ、遍路お休所

ここで休めるひとがいるのか

 

 何度見ても同じ感想しか浮かんでこない

ギョエー


今日の宿の隣に同じ経営のうどん店がある

夕食はそこで食べるつもりだった

 

なんと、定休日

うどんにはつくづく縁がない

 

f:id:koreshiru:20200925184220j:plain

チェックインの時間は過ぎているが、ホテルの受付には誰もいない

食料の買い出しに、看板の見えたコンビニまで行く

 

戻ってきても、まだ不在のまま

予約の遍路も何人か、玄関の前やロビーで待っている

 

インターホンも電話も通じない

困った

 

そのうち従業員さんがやって来て

ようやくチェックイン

 

やれやれ

 

宿の情報は

koreshiru.hatenablog.com

 

50日目 | 52日目