四国歩き遍路 52日目 ゆく河の流れは絶えずして

更新2020年9月28日

 

51日目 | 53日目

 

これこれシルバー、略してこれシルのおじいです。

 

 

52日目の行程

ビジネスホテル八幡⇒第1番霊山寺大麻比古神社観梅苑

 

ビジネスホテル八幡

朝は昨日買ったコンビニ飯で腹ごしらえ

 

今日、お寺は霊山寺を参拝するだけ

へんろ道を通らなければ、宿の前の県道を歩くだけで着く

 

第1番霊山寺

菅笠は毎日被っているのに丈夫だった

風にも負けず、雨にも負けなかった

 

金剛杖にも助けられっぱなしだ

登り坂では支えになり、下り坂ではブレーキになった

平坦な道では歩くテンポを刻んだ

 

トレッキングシューズはこれにしてよかった

捻挫の心配がなかった

 

防水性も普通の雨なら問題なかった

なにより、ここまで無事歩くことができた

 

f:id:koreshiru:20200926125711j:plain

 

安楽寺のそばを通る

初めて泊まった宿坊

 

あの真夜中の非常ベルを懐かしく思い出す

 

 f:id:koreshiru:20200926125625j:plain

道に迷って苦労した別格大山寺は、この付近の山の奥にある

 

f:id:koreshiru:20200926130630j:plain

おっ、四国へ来て初めて見つけたへんろ休憩所

こんなところにあったのか

 

ここに座って、お茶を飲み、アメとティッシュをいただいた

 

極楽寺のそばを通りすぎた時、向こうからやって来る若い遍路とすれ違った

 

新しい杖、あたらしい白衣

まだ挨拶もぎこちない

 

50日前の自分に出会ったようだ

 

彼もまた何十日かのち

ここに戻って来る

 

どんな旅が待っているのか

ここに戻ったとき、何を思うのか

 

振り返ると、白いうしろ姿が小さくなっている

頑張れよ

 

その背中に向けて、小さくつぶやいた

 

f:id:koreshiru:20200926132519j:plain

f:id:koreshiru:20200926132559j:plain

霊山寺


50日ぶりの霊山寺

なにも変わっていないように見える

 

しかし、そんなはずがない

ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず、だ

 

変わってないように見えて、なにもかもが変化している

自分とて、例外ではないだろう

 

初めての参拝は無茶苦茶だった

今はビシッと決められる

 

納経所で納経帳の最後のページが埋まった

誇らしい気持ちがした

 

お寺の目の前にある土産物店「門前一番街」で「八十八ヶ所の御影の保存帳」と「別格二十寺の御影入れ」を購入する

 

ソフトクリームの販売もしていたので、食べながら休憩

 

ここで買った二冊はこのまま自宅へ送るつもりだ

郵便局の場所を聞くと、板東駅へ行く途中にあるという

 

50日前は郵便局に気づかなかった

それほど緊張していたらしい

 

f:id:koreshiru:20200926140149j:plain

 

窓口のとても愛想のいい女性局員さんに荷物を送ってもらう

 

大麻比古神社

f:id:koreshiru:20200926140541j:plain

f:id:koreshiru:20200926140553j:plain

四国巡礼を始める前、家田荘子著「四国八十八ヵ所つなぎ遍路」に従ってこの神社で巡礼の無事を祈った

 

無事巡礼が終わったことを報告し、お礼を申し上げる

 

観梅苑

 

神社の参道沿いに宿はある

 

明日は午前7時41分発の高速バスだ

まず、宿からバス停までの時間を確認しょう

 

バス停は高松自動車道の鳴門西パーキングの外れにある

宿からそんなに遠くない

 

高速道路までの登りの階段でペースが落ちる

下見をしてよかった

 

本番で遅刻すると大変だ

 

帰り道、気になっていた道の駅第九の里に立ち寄る

せっかくだから軽食所で何か食べることにする

 

メニューは2択

因縁のうどんとホットドッグだ

 

この道の駅のテーマはドイツ

ここは迷わずホットドッグにした

 

f:id:koreshiru:20200926143754j:plain

f:id:koreshiru:20200926143820j:plain

泊まり客は二名

 

もうひとりはすでに到着されていた

 

f:id:koreshiru:20200926144033j:plain

f:id:koreshiru:20200926144057j:plain

f:id:koreshiru:20200926144118j:plain

なかなかのボリューム

おやつにホットドッグも食べている

 

なのに、ご飯のお代わりをした

まだ、育ち盛りか

 

食事は別々のテーブルに用意されていた

もう一人の泊まり客と話をすることもなかった

 

寡黙な宿泊客は遍路だった

洗面所で鉢合わせした時、その顔の浅黒さに驚いた

 

しかし、驚くのはまだ早かった

 

自宅のある東北からここまで歩いて来ました

さらりと言う

 

えっー、四国を廻るよりはるかに遠いではないか

若者にはとても見えないし

 

お遍路は明日から始めます

 

どんだけ歩けば気が済むんだ

 

すごい人もいたもんだ

もう脱帽するしかない

 

宿の情報は 

koreshiru.hatenablog.com

 

51日目 | 53日目