四国歩き遍路 37日目 百聞は一見に如かず

更新2020年9月14日

 

36日目 | 38日目

 

これこれシルバー、略してこれシルのおじいです。

 

 

37日目の行程

ホテル バリ・イン⇒第59番国分寺⇒別格第10番西山興隆寺⇒別格第11番生木地蔵⇒第61番香園寺⇒第62番宝寿寺ビジネス旅館小松

 

ホテル バリ・イン

朝食は3階のレストランで

f:id:koreshiru:20200910110544j:plain

コップに水がある

昨日だったら何杯もお代わりしたところだ

 

今日は状況が違う

2リットルの麦茶2本はさすがに多すぎた

 

歩き用のボトルに詰め替えてもまだ余る

動くと腹がポチャポチャ鳴る

 

水危機はひとの理性をそこまで、見失わせる

 

第59番国分寺

ホテルからお寺は近い

f:id:koreshiru:20200910134354j:plain

f:id:koreshiru:20200910134426j:plain

国分寺

 

別格第10番西山興隆寺

f:id:koreshiru:20200910135018j:plain

途中から一般のへんろ道から興隆寺へのへんろ道に分かれる

別格のお寺をふたつお参りするため、少し遠回りをする

 

f:id:koreshiru:20200910135453j:plain

 

最後、結構長い急坂が続き、かなりキツイ

 

f:id:koreshiru:20200910135717j:plain

西山興隆寺

山中にある興隆寺はとても涼しい

汗もすぐに乾いた

 

参拝後、納経所へ行くと

わぁ、いいところに来られた、と言われた

 

お昼だったので、30~40分ほど買い物に行こうとしたらしい

 

なにしろ別格は参拝者が少ない

不在でも迷惑にならないと思ったのだろう

 

まして、昼だし

 

いいタイミングで納経所に行けた自分の幸運に感謝する

 

別格第11番生木地蔵

ふもとまで下ると、へんろ地図を無視して車道を行く

地図を見ると、そのほうがわかりやすい感じがした

 

f:id:koreshiru:20200910140811j:plain

なにせ、このお寺は車道沿いにある

 

第61番香園寺

オイオイ60番横峯寺はどうした

そう突っ込むことなかれ

 

実は63番吉祥寺を打ち終えてから、60番横峰寺を目指すほうが効率的だと言われている

そのコースだと楽に歩けるし、道順も簡単だと聞く

 

詳しくは宿のご主人の説明に頼るしかない

 

f:id:koreshiru:20200910141734j:plain

f:id:koreshiru:20200910141806j:plain

f:id:koreshiru:20200910141822j:plain

香園寺

お寺らしからぬ本堂

参拝順路に従って2階に行けば、何故かドアが開かない

 

反対側の階段を上がって本堂に入ると、異質な感じがプンプン

 

境内にテントがあり、そこで62番宝寿寺の納経が特別にできるとのことだった

何かお寺の間でトラブルが生じているらしい

 

グーグルで確認するとネガティブ情報満載だ

ネット情報を信じるなら、宝寿寺はずいぶん変わったお寺らしい

 

ただ、特別納経所での納経を案内するお寺の女性の表情、口調は親切心から来たものではない感じがした

 

いや、もっと言えばその態度に嫌悪感さえ感じた

 

宝寿寺までは近い

本当のところを自分の目で確かめたい

 

参拝できなければ、またここに戻ってくればいい

 

第62番宝寿寺

f:id:koreshiru:20200910143151j:plain

f:id:koreshiru:20200910143211j:plain

宝寿寺

怖いもの見たさもあった

だが、怖いものは何もなかった

 

静かなお寺だった

遍路に向かって暴言を吐くとされる住職など存在しなかった

 

ここの納経所の男性(住職かもしれない)のほうが香園寺の女性職員より余程親切だった

変わっているのはむしろ香園寺のほうではないか、と疑いたくなる

 

百聞は一見に如かず

 

自分の目で見て正解だった

 

ビジネス旅館小松

新しく移転したばかりの旅館はとても綺麗

 

明日の参拝予定の横峰寺までの手作り地図を、御主人からいただく

説明によると、やはりこのコースは迷うことがない、簡単なコースのようだ

f:id:koreshiru:20200910150924j:plain

f:id:koreshiru:20200910150907j:plain

 

ここは人気の宿

今日も満室

 

遍路全員が期待しているのが、夕食の肉料理

一泊のひとはじゃぶしゃぶ、連泊のひとはすき焼きだった

f:id:koreshiru:20200910150424j:plain

 

肉屋も経営しているからか、この豪華さ

これで一人前

 

建物や設備も新しい

ご主人をはじめ宿のひとは皆親切

夕食もこれでは、人気が出ないほうがおかしい

 

36日目 | 38日目