ハイよ~!シルバー!

十年来の夢だった歩き遍路。定年と同時に四国八十八ヶ所と別格二十寺を通しで歩きました。その体験を発信しています。

四国歩き遍路 42日目 猪のハンバーグが幻の味になる

更新2020年9月18日

 

41日目 | 43日目

 

ハイよ~!シルバー!のおじいです。

 

 

42日目の行程

ふくや旅館⇒第66番雲辺寺民宿青空屋

 

ふくや旅館

朝食は部屋食

f:id:koreshiru:20200916105625j:plain

 

今日も少し肌寒い

 

第66番雲辺寺

 

民宿岡田からは、急な山道が続くらしい

ここからは、ほとんど車道を歩く

 

確かに、急な道ではない

しかし、曲がりくねった道は歩いても歩いても、登った気がしない

 

車はほとんど通らない

遍路の姿も見えない

 

退屈な道には違いない

 

f:id:koreshiru:20200916143957j:plain

このコントラスト、見にくい案内板だ

せめて文字の色を変えるべきだろ

 

f:id:koreshiru:20200916144123j:plain

はいはい雲辺寺はこっちですか

道は1本

案内なくても、わかりますけど

 

悪態をつきながら歩く

 

雲辺寺は標高911メートル、四国霊場のなかで一番高い

そりゃ、なかなか着かないわけだ

 

だんだん寒くなってきた

焼山寺の時は完全防備だった

 

もう4月も8日過ぎている

3月末でも暑い日があった

 

重ね着用の服はとっくに送り返している

今着ている薄着だけで、我慢するしかない

 

f:id:koreshiru:20200916150050j:plain

雲辺寺

動いていないと寒い

 

ここにきて風邪を引くわけにはいかない

 

f:id:koreshiru:20200916150403j:plain

毘沙門天展望館

寒風を避けるため、無料の展望館に入る

上まで登ると、つららが張っていた

 

f:id:koreshiru:20200916151603j:plain

外からの眺めはいい

右手にオレンジ屋根のロープウェイ駅も見える

 

寒いので、長くはいられない

来たひともすぐに下りていく

 

例によって宿に行くには時間が早い

このお寺でゆっくりするつもりだった

 

くっそー、もう限界

少しでも気温の高いところに行かなければ、身体に悪い

 

下り坂は急坂が続く

スピードを出すと本当に危ない

 

ここを登る逆打ち遍路はさぞかし・・・

考えるのはやめよう

 

想像するだけで、疲れてくる

 

民宿青空屋

 

f:id:koreshiru:20200916153440j:plain

ここまで下りてくると、寒さも和らぐ

日差しも出てきたので、ベンチで時間潰し

 

青空屋さん、時間待ちにナイスなベンチ

ありがとう

 

もう1時間くらいは経った

そろそろ行ってもいいだろう

f:id:koreshiru:20200916154050j:plain

若奥さんが温かく迎えてくれた

身体が冷えているので、すぐ風呂に入る

 

今日の泊まりはひとりだけ

のんびりできた

 

f:id:koreshiru:20200916154640j:plain

f:id:koreshiru:20200916154701j:plain

ここのご主人は狩猟もする

宿の名物は猪のハンバーグ

 

実はおじいも銃の所持許可者

とはいえ、1年間にクレー射撃を3回程度、鴨猟も同じく3回程度行くくらい

 

大物猟である鹿、猪の猟にも参加したことがある

 

鹿が目の前に来たとき、何度か撃った

残念ながら、仕留めたことは一度もない

 

猪に至っては姿を見たこともない

 

そんなわけで、自分も鉄砲をやってます、とは恥ずかしくて言えなかった

 

もちろん、興味はある

次々と質問した

 

その結果

f:id:koreshiru:20200916155937j:plain

気づいたらハンバーグを食べ終わっていた

 

写真もなし、味の感想もなし

 

この馬鹿チンが~!

 

孫のいつものセリフが頭をよぎった

 

明日は別格萩原寺に行く

普通に行くとかなり遠回りをする感じだ

 

近道を聞いた

 

道はあるけど、ほとんどのひとが迷う

それをわかって行くなら教えます

 

もちろん、行くに決まっている

迷ったところで、山の中に入るわけでなし

なんとかなる気がした

 

宿の情報は

koreshiru.hatenablog.com

 

41日目 | 43日目