四国歩き遍路 2日目 徳島上陸

 

更新2020年8月18日

 

 1日目 | 3日目

 

 これこれシルバー、略してこれシルのおじいです。

 

 

2日目の行程

 ワカヤマ第二富士ホテル和歌山市駅和歌山港徳島港徳島駅板東駅大麻比古神社⇒第1番霊山寺⇒第2番極楽寺⇒第3番金泉寺旅人の宿道しるべ

 

ワカヤマ第二富士ホテル

6時30分から朝食

今日も朝から気合が入る

 

電車は、和歌山港行き、和歌山市駅8時13分

 

昨日は仕方なく遍路姿でチェックインした 

が、ここは和歌山、四国ではない

 

朝の通勤通学ラッシュに、遍路姿ではまずいだろう

 

和歌山市駅

 なかなかの混雑

 

普通の服にしてよかった

金剛杖の入った杖袋と菅笠を持っているし、さんや袋を首からぶら下げているけれど

 

和歌山港

終点の港まで行くひとは少ない

遍路らしき人間は、誰もいない

 

南海フェリーに乗船

徳島港まで約2時間の船旅だ

 

フェリーの内部は結構広く、揺れもなく、天気も申し分ない

 

f:id:koreshiru:20200929144226j:plain

和歌山市を後にする
 

f:id:koreshiru:20200929144305j:plain

徳島市が見えてきた

徳島駅

駅までは市営バス

 

全員ではないにしろ

広い船内にいた乗船客が、バス1台分の乗客になる

ほぼ満席状態

 

パンパンになったリュックを背負い、腰にはウエストポーチ、首からさんや袋を下げ、右手に金剛杖の入った杖袋、左手に菅笠を持っているので、窮屈でしかたがない

 

20分ほどで徳島駅に到着

バスに乗っただけでこんなに疲れるものなのか

ただ、座っていただけなのに

 

バスが定刻どおりならば、板東駅行きに間に合うはずだった

次は12時16分発

1時間以上ある

 

せっかくなので、駅ビルで徳島ラーメンをいただく

味は?

 

f:id:koreshiru:20200929144252j:plain

徳島ラーメン岩田屋

今後のことがいろいろ気になって、味わうどころではなかった

残念!

 

板東駅に行くJR高徳線は高校性が多かった

 

板東駅

結局、板東駅で降りた遍路は皆無

13時前だから遍路が誰もいないのだろうか

想像していた状況と違い、少しひるむ

 

f:id:koreshiru:20200929145346j:plain

 

とりあえず、駅の待合所で遍路姿に変身

 

第1番霊山寺までは道路に線が引いてあり、迷うことなく歩ける

 

霊山寺から少し先の大麻比古神社に向かう

 

大麻比古神社

 家田荘子の著書にここにお詣りして、四国遍路を始めたと書いてあった

それに従う

 

阿波の圀一宮である

 

f:id:koreshiru:20200929144239j:plain

大麻比古神社 

 

今まで、伊予の圀一宮と讃岐の圀一宮にはお詣りしたことがある

 

土佐の圀一宮、土佐神社は第30番善楽寺と隣り合わせだ

四国一宮の制覇も近い

 

第1番霊山寺

境内にはひともまばら

なのに緊張はマックスになってきた

 

本堂と大師堂の区別がつかない

アワテテ、先に大師堂を参拝してしまう

 

納札、さい銭、どっちが先だったか

クソッ、思い出せない

 

経本を手に、声が震える

般若心経が、すらすら読めない

 

汗が流れる

手ぬぐいはもうグチョグチョだ

 

f:id:koreshiru:20200929144132j:plain

霊山寺

 お参りの予行演習などしていない

本や雑誌で確認しただけだ

 

けれど、本番1日目の無様な結果に

 

ガクッ

こんなにダメな奴だったのか

 

自分に自信がなくなった

 

うつむきながら、第2番極楽寺

 

第2番極楽寺 

精神的ダメージにより

ここら辺の記憶がない

 

納経所の女性が親切だった印象だけが残っている

f:id:koreshiru:20200929144201j:plain

極楽寺

 

第3番金泉寺

f:id:koreshiru:20200929144213j:plain

金泉寺

挨拶は相手より先にしよう

遍路に出る前、そう決めていた

 

小学生の下校時間なのか、団体とよくすれ違う

相手はベテランだ

 

遍路を見かけると、即、挨拶の声があちこちから飛んでくる

初心者遍路は遅れて挨拶するしかない

しかも小声で

 

決心はどこへ行った

 

お寺の作法も慣れ、挨拶も慣れだ

何度か繰り返すと、だんだん慣れてくる

 

そのうち、宿までの道に迷ってしまった

近いはずだが、全然着かない

 

えー、うそっー!

「四国遍路ひとり歩き同行二人ー地図編」の見方はすでに完璧、なわけがない

 

地図編を見ながら、必死で宿を探す

集中しすぎて、何人かの小学生が挨拶したのに、気づけなかった

 

あれ、挨拶してくれん

そう聞こえた気がして、振り返った

 

小学生たちは角をまがったのか、消えていた

激しい後悔に襲われた

 

たかが挨拶、されど挨拶だ

小学生に劣る自分を恥じた

 

それから四国を去るまで、挨拶のことで自分を恥じたことは、一度もない

 

旅人の宿道しるべ

結局、地図にはない道なき道を通り、ひとの家の庭先を無断で横断しながら、やっと到着

 

f:id:koreshiru:20200929144316j:plain

旅人の宿道しるべ

 

 1日目 | 3日目